創作文・「美しき日々・・~それから・・~Beautiful days」




久しぶりに、セナの夢を見た。

セナをおぶって、土手を歩きながら、子守唄を歌っていた頃の夢だ・・・。
「歩けるくせに、セナはいつまでもヨンスに甘えてばかりで・・・。」
園長先生の声も鮮明に聞こえる・・・。
「先生、いいのよ。私、セナを負ぶっている方があったかくて、気持ちいいもの。」
セナは、ヨンスにひしと抱かれ、自分のさみしさや不安を解き放そうとしていた。
そのセナの背中に、熱湯の入ったやかんをこぼした!
火がつくほどに大泣きするセナ・・・
「セナ・・・・!」

声にならない、かすれるほどの緊張した声が出た。
横向きに寝ているヨンスの背中には、ミンチョルのぬくもりがあった。
いつも、セナの背中の大やけどの処置をしている場面を思い出し、夢から覚める・・・。
「・・・セナの夢をみたの?」
ミンチョルが、優しい声でたずねる。
ヨンスは、声もなく、ミンチョルの胸元に顔をうずめた。
「・・・・天使の家にいた頃、まだ、7歳だったセナの背中に、やかんのお湯をかけてしまったの・・・。
 私の不注意で・・・。
 あのときの、激しく泣くセナの声がずっと耳に残っていて、
 時々、夢を見るの・・・・。
 あんなに、つらいことはなかった・・・。
 セナは、私にとって、たったひとりの家族だと思っていたから、つらくて、つらくて・・・。
 変わってあげられるものなら、変わってあげたいくらいに・・・悲しくて・・・。
 
 おなかのこどもとセナが、重なってしまうの。
 セナが、ひとりで何でもできるようになって、私のそばを離れていったころに、
 私のおなかに、赤ちゃんがやってきたのよ。
 なんだか、セナがおなかにやってきたみたいで・・・。

 私とセナが持っているおそろいの指輪はね、私の母の形見なの。
 私の母は、結婚しないまま、私を生んだの。
 きっと、婚約式に使うために、買っておいた指輪だったんでしょうね。
 それが、私に残された、たったひとつの形見なの。
 母が、結婚式に着るつもりで作ったというチマチョゴリに、私は包まれて、天使の家に引き取られたというの。
 そのときの指輪を、私とセナが持っているの。
 お互いに、くじけないように、しっかり生きていけるように・・・。
 どんなに貧しくても、心までは貧しくならないように・・・。

 セナには、一生かけても返しきれないくらいの、借りがあるの。
 背中のやけどの跡は、成形して消すことができても、
 心の傷は、一生消えないわ・・・。
 私が、未だに夢にうなされるくらいの恐怖だったのだから、セナにとってはどんなに怖いことだったのかと思うと・・・。
 そんなセナを傷つけた私が、赤ちゃんを産むほどに、幸せになってもいいのかしらって、時々思うの・・・。」
「つらい思いを、いっぱいしてきたんだね・・・。
 セナは、君のおかげで、今は十分に幸せを感じていると思うよ。
 君の幸せが、セナの幸せでもあると思うよ・・・。」
「・・・私が、いなくなったら、セナのことをお願いしていい・・・?」
ヨンスの涙で潤んだ目は、必死に懇願していた。
「・・・・ああ・・・わかったよ・・・。」
ヨンスは、愛する人の胸元に顔をうずめると、また、眠りについた。

      神様、もうひとつ、お願いを聞いてください。
   今の間だけでも、こどもがおなかに宿る幸せな間だけでも、
   ヨンスの見る夢を、しあわせな夢にしてください。
     どうか、お願いします・・・・。
   そのかわり、僕が怖い夢を見ますから・・・・
   ヨンスが怖い夢を見なくていいように・・・・どうか、お願いを聞き入れてください。

愛しくてたまらない。
いつまでも、こうして抱いていたいくらいに、愛しくてたまらない・・・・。
君が苦労を背負ってきた分、僕がすべてを背負ってあげたい。
僕には、想像もつかないくらいのたいへんな思いを過ぎ越しながら、これまでの人生を生きてきたのだ。
これからの人生が、いつも笑っていられるように、僕は君のために生きるよ・・・。

一週間という日々は、あっという間に過ぎた。
ヨンスは、彼がいつまでいるのかを聞いていない。その日が来るのがつらいから・・・。
「・・・ヨンス・・明日は・・。」
ミンチョルがそこまで言うと、ヨンスは、しーっと人差し指を口元に立てた。
「私は、明日は一日、寝ていることにしたの。
 私のことは、ほっといていいのよ・・・。」
一生懸命に笑って話すヨンスは、目を合わせようとしない。
「外は、雪が降りそうだわ・・・。
 早く春が来て、お花見をしたいわ・・・
 ね、あなた・・・。」
窓から外を眺めながら話すヨンスを、ミンチョルはそっと後ろから、抱きしめた。
そっと、腹部に手を当てると、ほんの少し膨らんだヨンスのお腹を触った。
「・・・生きてくれ・・・僕のために・・・生きていて・・・これから、ずっと・・・。」
ミンチョルの涙が、ヨンスの首筋に落ちた。

いつになく、食欲があるヨンスは、少し頬がふっくらしてきたように感じた。
「どうぞ。」
細い腕で、ミンチョルのグラスにワインを注いだ。
「こんなに毎日、あなたと一緒に食事ができるなんて、夢のようです。
 もう、この後もないかもしれませんね。
 あなたは、お仕事が忙しくて、家に帰るのも遅くなるでしょうし、
 子どもが生まれたら、きっと、こんなにゆっくり食事をすることはできないでしょうね。」
「毎日とはいかないが、どうにか早く帰れるように、努力してみるよ。
 それに、子どもを間において、食事すればいいし・・・・。」
ヨンスは、目の前にいる夫を、穴が開くほどに見つめていた。
「そんなに、見ていないで、君ももっと食べないと・・・。」
「ええ・・・
 あなたが帰ってしまったら、また、しばらくは会えないんですもの。
 今のうちにたくさん、見ていたいの・・・。」

眠れなかった・・・。
いつもなら、ミンチョルよりも先に眠ってしまうヨンスだったのに、今夜は、いつまでもミンチョルの寝顔を見ていたかった。
いろんなことを思い出していた。
初めて会ったときのこと、嫉妬から来る誤解で泣いたこと、別れたこと、病気だと知って戻ってきたこと・・・・
いつも、やさしく私だけを見つめてくれていた。
私の病気のせいで子どもが生めないということをひたすら隠して、苦しんでいた頃・・・。
私がいなくなったら・・・・もしも、私が死んでしまったら・・・・この人はどうなってしまうんだろう・・・。
苦しみに耐えながら、生きていかなければいけないつらさを、私は残してしまう・・・・。
そこに、子どもが生きていたら、きっと、余計につらいんじゃないかしら・・・。
私が、子どもが生みたい、と言わなかったら、こんなに苦しい思いをさせずに済んだのに・・・・。
もう、悲しい思いをさせたくない。
苦しみに耐えながら生きていくなんて、させたくない・・・。

ミンチョルが目を覚ますと、ヨンスはぐっすり眠っていた。
眠っている今のうちに帰ろうか・・・・・
そうすれば、ヨンスは駐車場を見ながら泣かないでいいだろう。
そっと、起き上がると、リビングに行き、着替えをした。
クローゼットのバッグを出すと、着替えや道具などは、綺麗に荷造りされていた。
きっと、夜中の間にヨンスが帰る支度をしてくれたのだろう・・・。
ヨンスの頬にキスをする。と、そのとき、ヨンスの涙が頬をすっと伝わった。
ヨンスも、とっくに目を覚ましていたのだろう。
強く閉じるひとみからは、涙があふれて仕方なかった。
「・・・愛している・・・。」
ミンチョルは、ヨンスの頬をそっと触ると、そのまま出て行った。
駐車場から、2階のロビーを見ると、ヨンスの姿はなかった。
きっと、部屋で泣いているのだろうか。
また、ひとりにしてしまった。

ソウルに帰り着いたミンチョルは、すぐにカン・ナレに電話をかけた。
「お願いです、ナレさん。
 もうしばらく、ヨンスについていてはもらえないでしょうか?」
「はい・・・私も、そろそろ出かけるところでした。
 ヨンスは、帰るときは大丈夫でしたか?」
「うん・・・・寝ている間に帰ってきたよ。
 それでも、悲しそうだった・・・。
 どうか、ずっと、そばについていてもらえないだろうか?
 ナレさんにしか、頼れる人がいなくて・・・。」
「はい、心配しないでください。ずっと、いますから・・。」
「ヨンスは、どうして絵を描かなくなったのだろうか?
 僕がいる間、一度も絵を描かなかった。」
「・・・・ヨンスは、何も言いませんでしたか?」
「ああ、何も言わなかった。」
「・・・・言わない方がいいかもしれませんが、・・・・
 実は、ずっと前に、ヨンスは赤ちゃんの絵を描いていて、ミンチョル社長を怒らせてしまったそうですね。
 そのときのことがあって、もう、絵を描かないと決めたそうです。
 あれほど、夫の悲しむ姿を見たのは初めてだったって・・・
 ヨンスにとって、絵を描かないというのは、つらいことです。
 それでも、ミンチョル社長のつらい姿を見るのは、もっと耐えられないことなのでしょうね。
 生んじゃいけない、といわれている赤ちゃんを、生もうとしていることだけでも、社長に遠慮しているようです。
 生むことで、自分の命が消えるようなことになれば、夫は生きていけなくなるかもしれない、だから、夫の前では、子どもの話はしない、とも言っていました・・・。 
 生まれた子どもは、天使の家に預けてほしい・・・と。
 ヨンスは、死を覚悟しているんですね・・・。
 自分と同じ運命を受け継ぐ子どもを作ってしまったって、子どもが不憫でならないって、泣いていました。」
ミンチョルは、息を押し殺すように泣いていた。
今朝、ヨンスが寝ていたときの顔を思い出した。
電話を切ると、いそいで部屋のクローゼットにあるヨンスの絵を取り出してみた。
丁寧に描かれているヨンスの絵は、どれもやさしさを感じさせる絵だ。
中でも、赤ちゃんの絵は、どれもほのぼのとして、癒される感じがする。
その中の一枚が、破けた後があり、その絵の上に、涙の跡があった。
あの日、ヨンスが幸せそうに赤ちゃんの絵を描いていた、あの姿を、どうして大事にしてあげられなかったのか。
こんなに、つらい思いをさせて・・・。

ミンチョルは、アーサー医師に、どうにか、妻を一時退院させてあげたいと話すつもりで、電話をかけた。
短い命であるのなら、なおのこと、そばを離れたくない・・・。



댓글 '6'

k-nori

2005.05.29 01:34:36

maria chris様 はじめまして。「美しき日々・・~それから・・~Beautiful days」を毎回楽しみにしています。今までの苦難を乗り越えて、どうか、ヨンスには幸せになって欲しいと思うばかりです。先日のジウ姫のブーケを受け取って幸せなそうな笑顔がヨンスに重なることを願って・・・。

朴 胡桃

2005.05.29 16:40:11

お願いですヨンスさんを助けて。あかちゃんとは、違うめぐりあいがきっとありますよ。お父様は、婚約者を探せなかった自分を許せず、名乗り出ないのでしょうか 気になります。 

TiYan

2005.05.29 21:19:26

「美しき日々」ファイナルコンサートでの幸せそうな(ジウ姫 ・ビヨンホン様 )
お二人が ヨンスとミンチヨルに重なってとても幸せな時を過ごさせて頂きました。何時も 皆様の フォト 動画 近況など 読ませて頂くばかりです感謝しています。特にmaria様 の「創作文・・ それから・・~」は毎回楽しみに 待たせて頂いてる次第です。そんな私で なにも出来ませんが どうか お願いです・・・ 無事に子供が産めて 二人が離れる事がなく ヨンスと平凡でいいから幸せに暮らせますようにお願いします。
ヨンスを 死なせないで下さい・・・ 
おもいのまま 書きました・・・。 乱文にて 失礼します。

Maa koike

2005.05.29 23:08:33

Maria chrisさま
はじめまして。毎回楽しみにしております。
いつも涙がでます。頭の中に映像も流れます。美しき日々いいですねぇ。
Mariaさまのそれから~も最高です。映像が浮かぶんですもの。。。

maria chris

2005.05.29 23:33:22

読んでくださってありがとうございます。
回を重ねるごとに、皆様からのメールやmemo、レスなどが、
「助けてください。」という言葉が増えます・・・。
これ以上、ヨンスとミンチョルの涙は見たくないですね・・・・。
次回は、ヨンスが家に帰ります。
しばしの夫婦の生活・・・・絵も描きたくなるでしょうね。
子供に対する思いが大きければ、生きたいと望む心も大きくなるでしょう。
きっと、ミンチョルの愛が勝つでしょう・・・。
どうぞ、みなさま、ふたりの運命を信じて、見守ってあげてください。
ヨンスのお父様も、生まれてくる新しい命によって、父だと名乗りでる勇気を得るでしょう。
これからの「・・・それから・・」終盤になりますが、読んでくださいね。

miharu

2005.05.29 23:50:30

今回も、何度も読み返しました。ヨンスを演じている姫、ミンチョルを演じているビョンホン様が目に浮かぶような細かな描写で、映像で観たような感覚にとらわれました。決して器用ではないけれど、どんな苦労にも最後には打ち勝ってきた二人ですから、心配はしておりません。原作の「美しき日々」の意図のとうり、お互いの傷をやり取りしながら、愛によって成長していく二人にはどんな結末が用意されているのでしょうか?「・・・・それから・・・」終盤楽しみにしております。
List of Articles
번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수sort
8951 4月3日ナインスアベニュー後記^^ [10] saya(staff) 2009-04-04 22897
8950 「美しき日々」の9話がジウ姫との出会いでした。・・9話撮影現場<VOD> [16] Jarno 2006-06-03 22641
8949 (vod) Beautiful Days- Song by 이병헌 [7] 아날팬 2005-10-09 20865
8948 何度も見たい・美しき日々・・・このコンビ! [18] nakamura chieko 2005-10-09 19808
8947 [メイキング]クォンサンウとチェジウの秘密の抱擁研究!(SBS公式HP) [1] saya(staff) 2014-08-14 18721
8946 "チェジウの成熟した魅力!" [4] kim 2012-01-10 17891
8945 <font color=#cc5599>投票のご協力、お願いします!</font> [20] tessen 2006-12-25 17882
8944 韓国のSBSのドラマ、「天国の階段」のミュージックビデオです。 [1] 아이시떼루지우 2004-03-05 16767
8943 チェジウ公式ホ&#12540;ムペ&#12540;ジSTARJIWOOをリニュ&#12540;アルします。 [18] 코스(W.M) 2007-07-21 16275
8942 [翻訳]チェジウさんの南怡島撮影同行後記 [6] 곰돌이 푸 2004-04-12 16073
» 創作文&#12539;「美しき日&#12293;&#12539;&#12539;~それから&#12539;&#12539;~Beautiful days」&#9327; [6] maria chris 2005-05-28 15992
8940 日本のファン向けのページのオープンですね [3] tinkerbell 2004-03-04 15189